カードローンの金利の比較について

各カードローンの特性で選ぶ

写真

短期で一時的に現金を借り入れるだけの場合には、銀行系よりも消費者金融系のキャンペーンを利用したほうがよい場合もあります。消費者金融系のローンは、基本的に利息制限法の利率の上限に近い設定がなされているものの、100万円を超える高額の融資になるとかなり利率を下げてきます。そのため、まとまった金額の借り入れをするときには、銀行系とそれほど大きな違いがないこともあります。

また、消費者金融の中でも、初回申し込み時のキャンペーンなどで一定期間無利息で融資をするといったサービスを提供しているところがあり、こちらは一週間から一か月程度、初回申し込み時のみ利息ゼロで借り入れをすることができます。継続的な利用ではなく、一時的な借り入れをしたいときには無金利で現金を借りられるため、利用してみるとよいでしょう。

頻繁に短期的な借り入れをする場合には、利率や金融機関に対する信頼性も重要ですが、そのほかに提携先のATMが多いところを選ぶのも一つの方法です。カードローンは日割り計算で利息を出していますので、すぐにいつでも返済できる環境に整えておくと、最短期間のみの借り入れで、結果的に利息を少なくすることができます。継続的な利用ではなく、単発の借り入れを複数回繰り返すときには、ATMの設置個所についても検討してから借入先を選ぶとよいでしょう。

写真
☆サイト一覧
■カードローンの現状を調べる
■銀行・消費者金融のカードローンの金利を比較すると
■各カードローンの特性で選ぶ